リレンザ

リレンザフッターバナー

リレンザとは

リレンザ通販リレンザは、世界初の抗インフルエンザ治療薬として販売された吸入型のお薬です。

リレンザの登場によって、インフルエンザ治療は劇的に変わりました。

それまでのインフルエンザ治療は対症療法しか無く、必要に応じて解熱剤などを処方するしか手立てはありませんでした。

そんな折、インフルエンザの特効薬であるリレンザの登場はまさに革命とも言うべきものでした。

リレンザの後に出てきたタミフルによってインフルエンザ治療薬は広く認知されるようになり、今やインフルエンザは薬で治す事が当たり前の時代となっております。

また、これは案外知られていない事ですが、リレンザは治療だけでなく予防にも使えます。

ですので、インフルエンザ患者を看病している同居人が予防として飲めば、二次感染を防ぐ事もできるのです(詳しくはリレンザの使い方の項をご覧ください)。

タミフルを飲んでいる患者においてしばしば異常行動による死亡例が出ている中、リレンザはこういったリスクが少ない安全な薬として、非常に人気を集めております。

当サイトでは、病院で処方される場合よりも格安で手軽に購入できるリレンザの通販サイトをご紹介しております。

詳しくはリレンザの通販の項をご覧ください。

リレンザ通販

リレンザの特徴

リレンザは吸入型のインフルエンザ治療薬です。

吸入型のメリットとしては水がいらないので、いつでもどこでも手軽に飲めるという点です。

また、タミフルに見られる脳症や異常行動といったリスクも少なくなります。

同じ吸入型の治療薬にイナビルがありますが、服用する回数がイナビルとは違います。

リレンザはタミフルと同様に1日2回、5日間飲み続けるお薬です。

インフルエンザについて

インフルエンザは流行性感冒と呼ばれ、ウイルスが飛沫感染して発症する病気です。

通常の風邪と違い、インフルエンザには潜伏期間があります。

この潜伏期間を過ぎると、唐突に高熱を出して風邪よりも強い悪寒を感じるというのが特徴です。

咳やくしゃみからウイルスが空中に飛散し、飛沫感染することによって流行します。

インフルエンザはA型、B型、C型に分かれますが、毎年流行する季節性のインフルエンザはA型もしくはB型となります。

リレンザはA型、B型両方のインフルエンザに効果があります。

リレンザの購入はコチラ

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

インフルエンザの予防

インフルエンザを予防するには、手を洗う、健康管理をする、人混みを避ける、マスクを着用して喉の湿度を保つといった日常生活での対策が第一です

他にもワクチン(予防接種)を受けるという手段もありますが、完全に予防できるわけではなく、毎年流行するウイルスに合わせて接種しなければなりません。

当サイトでは上記の日常的な予防に加えて、リレンザを使ったインフルエンザ予防をおすすめしております。

万一、家族で感染者が出た際にも治療用として使える上に、インフルエンザ予防としても効果があるので二次感染を防ぐことができます。

インフルエンザに感染した際にはとにかく迅速な薬の服用が大事ですので、ご家庭に常備しておけばインフルエンザ対策は非常に心強くなります

異常行動について

異常行動とは、インフルエンザが発症した際、主に睡眠中に起こりやすい症状です。

異常行動の原因としては、インフルエンザウイルスによって免疫系統が支障をきたして精神神経にまで影響をおよぼすインフルエンザ脳症と、高熱によって温度が上がった大脳から様々な物質が放出されて夢を見ているような錯覚に陥る熱性せん妄があります。

異常行動の例として、眠っている間に突然起き上がり、ベランダに飛び出したり歩きまわったり声をあげたりするというものがあり、いずれも無意識のうちにやってしまいます。

過去にはタミフルを服用した患者(いずれも未成年)が異常行動によって転落死するという報告があり、これを受けてタミフルの処方は制限されました。

なお、リレンザにおいてはこういった報告がないのでタミフルよりも安全であると言われております。

タミフルとは

タミフルはリレンザに次いで販売された経口投与型のインフルエンザ治療薬です。

リレンザと違って飲み薬であるタミフルは、成分が体全体に行きわたってウイルスの増加を防ぎます。

国内ではまだまだ認知度が高いタミフルですが、世界的に見ると日本が最もタミフルの処方が多いという状況です。

これはタミフルでしばしば上記のような異常行動といったリスクが指摘され、なおかつ2009年に大流行(パンデミック)した新型インフルエンザでタミフルの効果が出なかったという事も原因としてあげられます。

また、リレンザのような吸引型のお薬の方が患部のみに直接作用するので安全性が高く、それでいて新型インフルエンザにも効果があったという事もあってリレンザに注目が集まったのです。

リレンザの効果

リレンザは上記のように、喉から肺にかけての気管に直接作用するお薬ですので、タミフルに比べて即効性があります。

また、患部以外には作用しないので、インフルエンザ脳症による異常行動といったリスクも抑えられます。

タミフルは高齢者や妊婦、心疾患などに該当する患者(ハイリスク患者)が服用することによって重篤な症状が出やすくなります。

これはタミフルが全身に作用し、呼吸抑制や低酵素血症などの疾患を引き起こしやすく成るためです。

ハイリスク患者がタミフルを服用すると死亡率が5倍にものぼりますが、リレンザはハイリスク患者においても安全であると言われております。

リレンザ通販

リレンザの副作用

リレンザの副作用として主に発疹、頭痛、手足のしびれ、不眠、下痢、悪心・嘔吐、喉や口の渇きなどがあります。

この他にも重篤な症状としてまれにショック、アナフィラキシー、気管支攣縮、呼吸困難、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑などの疾患が出る恐れがあります。

臨床試験においてリレンザの副作用が出た確率は全体の1.3%と非常に少ないものの、これらの症状がでる可能性があります、

リレンザを服用していて上記のような症状が出た場合は速やかに服用をやめ、医師に相談するようにしましょう。

リレンザの飲み方

リレンザはウイルスを駆逐する作用はなく、感染したウイルスが増加するのを防ぐお薬です。

インフルエンザに感染したら、可能な限り早く服用するようにします。

リレンザは付属の吸入器にブリスターをセットし、1回に2ブリスターを使用します。

吸入器でブリスターに穴を開け、口からしっかりと吸い込みます。

もし最初の吸入で全て吸入したか自信がない時には、2~3回に分けて吸入します。

リレンザの注意点

リレンザは、薬の成分である成分(ザナミビル水和物)に対して過敏症の既往歴がある方は服用できません。

また、リレンザはC型インフルエンザウイルス感染症や細菌感染症には効果がありません。

リレンザを使用する際には必ずインフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用してください。

48時間を経過してしまうと、インフルエンザウイルスが全身に行きわたってしまい、治療薬の効果がなくなります。

その他にも、リレンザを使用する上で気をつけなければならない点がありますので、詳しくは注意点のページをご覧ください。。

リレンザの通販

リレンザは処方せん医薬品ですので、国内で購入するには病院で診断を受けなければなりません。

しかしながら、インターネット通販サイトで個人輸入を行えば簡単に購入する事ができます。

個人輸入代行サービスを使えば、楽天やアマゾンといった通販サイトと同じ感覚で決済を行えば自宅に荷物が届きます。

薬は個人に限って輸入が厚生労働省によって認められており、代行サービスでは個人輸入の手続きを全て引き受けてくれるのです。

また、通販で購入したほうが価格も安くなり、非常に経済的です。

病院へ行って診察料を払う必要もなく、値段も安いという事で、リレンザの個人輸入が非常に人気を集めております。

リレンザの購入はコチラ

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

リレンザの体験談

リレンザを実際に利用したお客様から寄せられた体験談の中から、口コミとしても参考になりそうな体験談をピックアップしてご紹介します。

飲みやすいようです

レモンさん(32歳/主婦)

子供がインフルエンザにかかったのですが、大のお薬嫌い。

飲み薬を飲ませようとしても吐き出してしまって大変なんです。

そんな我が子でもリレンザは気に入ったみたい。

吸入器を見たら大喜びです。

おもちゃではないと叱りつけましたが、いざお薬を吸入する際もおとなしく吸ってくれました。

なんだかほんのり甘い味がするみたいで、お薬がなくなっても名残惜しそうに何度も何度も吸っておりました。

おかげさまでインフルエンザも完治しました。

子供が「またあのお薬吸いたい」とか言い出したので焦るぐらいです。

個人輸入は助かる

案山子さん(50歳/自営業)

結構前にリレンザを処方されて効果は知っていたが、いつインフルエンザにかかるか分からないので常備する事にした。

最近はインターネットの通販でリレンザを買えるということを知り、多めに買っておいた。

とにかくこれは助かる。

インフルエンザにかかったらすぐにリレンザを処方してもらって吸い込まなけらばならないので、まず医者に駆け込む。

流行している時期はとにかく待つ。待ってる間にもウイルスが着々と体を蝕んでいくのでこちらは焦る。

そんなこんな高い診察料をはらって散々待たされた挙句にワンセットだけ処方される。

インフルエンザにかかる度にこんな事を繰り返すのはあまりに非効率的でナンセンスだと思った。

という訳で、小生のような思いをした者にとって、もはや個人輸入という選択肢しかないだろう。

大流行してからでは遅い。買えるうちに買って備えておいたほうが良いというのが小生の見解である。

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

こちらの商品は、ネット総合病院で購入できます。

個数を選んでカートに入れた後、決済となります。

セットですと割引となり、さらにお買い得です。

Copyright(C) 2017 リレンザ All rights reserved.