リレンザの特徴

リレンザフッターバナー

リレンザは吸入型のお薬です

インフルエンザの治療薬として最も著名なタミフルが内服薬であるのに対し、リレンザは吸入して服用するタイプのお薬です。

タミフルは薬の成分が全身にいきわたって作用しますが、リレンザは喉や肺を含めた気管のみとなります。

インフルエンザはインフルエンザウイルスが飛沫を通して喉や肺に付着することにより感染する病気です。

ですので患部は全身ではなく、この部分に集中しているのです。

リレンザのような吸入型のお薬でもタミフルと同様の効果が認められ、全身に行き渡る内服薬でなくてもインフルエンザ治療は可能である事が立証されました。

リレンザの購入はコチラ

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

吸入型のメリット・デメリット

リレンザはタミフルと違って吸入するタイプのお薬ですので、水無しでも飲めるといったメリットがあります。

リレンザを携帯すれば、どこでも手軽に服用することが出来るので、忙しい方も忘れずに服用を続けられます。

ただし、デメリットとして吸入型のお薬を使ったことのない方にとっては多少飲みづらいという事があります。

特に幼児や高齢者はなかなかうまく吸い込めない事がよくあるので、リレンザは処方されません。

タミフルのような錠剤に比べて使いやすいという方もいれば使い慣れないという方もいるようです。

リレンザとタミフル

リレンザはタミフルよりも一足先に販売された抗インフルエンザ治療薬ですが、飲み薬として効果が発揮できなかったために吸入型のお薬となりました。

この結果、使い慣れない患者もいたという事もあってタミフルの方が広く利用されるようになりました。

ところが2009年に流行したAソ連型インフルエンザにおいては、タミフルに耐性のあるウイルスが広まってしまいました。

感染者の中でタミフルが効かなくなる患者が増える一方で、リレンザに注目が集まったのです。

このAソ連型インフルエンザに対しても効果があったので、これ以降は急速にリレンザの需要が高まりました。

新型インフルエンザにかかった際の対処法として、現在ではタミフルよりもリレンザの方が効果的なのです。

また、タミフルを服用した幼児が異常行動を発症し、死亡事故につながった例も報告されました。

これを受けて、診療所ではタミフルを処方する年齢を制限するようになりました。

ですので、こういった幼児のインフルエンザ治療を目的としてリレンザを購入している方も増えています。

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

こちらの商品は、ネット総合病院で購入できます。

個数を選んでカートに入れた後、決済となります。

セットですと割引となり、さらにお買い得です。

Copyright(C) 2017 リレンザ All rights reserved.