リレンザの使い方

リレンザフッターバナー

リレンザの使い方

リレンザは吸入器にブリスターをセットして使います。

また、インフルエンザの治療だけでなく予防にも処方されます。

治療の場合と予防の場合で用法・用量が違いますのでご注意ください。

以下、リレンザの添付文書に基づいた用法・用量をご紹介します。

また製薬会社にもリレンザの使い方を紹介している動画がありますので、参考にしていただければと思います。

使い方の動画再生

(参照:グラクソ・スミスクライン株式会社)

注:スマートフォン用には最適化されていないため動画への直リンクになっております。

リレンザの形態

リレンザの中身は、円盤状のアルミシートと青白の吸入器に分かれております。

アルミシートは4つの凸部分(ブリスター)があり、それぞれに粉末のお薬がはいっております。

服用する際にはアルミシートをそのまま吸入器にセットして使います。

リレンザの吸入手順

①吸入器をの青いカバーを外し、トレーを取り外します

②薬が入ったディスクをトレーにはめ込んで本体にセットします

③本体の白いフタを垂直に立ててディスクのブリスターに穴を開けます

④フタを戻して吸入器を水平に持ち、吸入します(この時、吸入器に息を吹きかけないよう注意します)

⑤吸入したら、2~3秒間息を止めます。全部吸い込んだか自信がない場合は2~3回吸入を繰り返します

リレンザの用法・用量

インフルエンザ治療の場合

1日2回、1回にブリスターを2つ使います。

治療の場合は5日間飲み続けます。

症状が無くなっても、体内にインフルエンザウイルスが残っておりますので、必ず5日間きちんと飲むようにします。

インフルエンザ予防の場合

1日2回、1回にブリスターを2つ使います。

治療の場合は10日間飲み続けます。

インフルエンザ感染者に接触後36時間以内に服用するようにします。

リレンザを連続して服用している期間のみ、予防効果が持続します。

リレンザ通販

リレンザの服用はお早めに!

リレンザはウイルスを撃退する薬ではなく、あくまで増加を抑えるものです。

厳密に言えば、細胞内に取り込まれて複製されたウイルスが細胞の外に出てくるのを抑える薬です。

ですので、インフルエンザに発症した際には速やかに飲まなければ効果は薄れていきます。

発症してから48時間以内に飲むのが原則となっておりますが、これは48時間以上経つとウイルスが増加して細胞から飛び出してしまうからです。

ですので、48時間経ってから飲んでも意味がないという事になります。

リレンザを処方(購入)されたら、出来る限り速やかに飲むようにしましょう。

これは患者ご本人のみならず、周りの家族にウイルスが感染しないためにも大事なことです。

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

こちらの商品は、ネット総合病院で購入できます。

個数を選んでカートに入れた後、決済となります。

セットですと割引となり、さらにお買い得です。

Copyright(C) 2017 リレンザ All rights reserved.