インフルエンザの予防

リレンザフッターバナー

日常生活における予防

インフルエンザの感染を完全に予防する手段は残念ながらありませんが、日常生活において注意すればある程度は防ぐことができます。

まず、インフルエンザウイルス感染者の咳やくしゃみから感染(飛沫感染)する場合と、直接もしくは間接的に触れることによって感染(接触感染)する場合があります。

これらの事態を防ぐために、以下の対策を行うようにしましょう。

こまめに正しく手を洗う

外出から帰宅した際には、必ず石鹸で手を洗う用にします。

その際、指先、爪の間、指の間、手首、手の甲など万遍なく洗います。

洗い終わったら、石鹸が手に残らないようにしっかり水で洗い流しましょう。

健康管理

睡眠不足や栄養の偏りなどは体の免疫力を低下させ、ウイルス感染のリスクを高めます。

また、ウイルス感染後も症状が重くなる恐れがあります。

日頃からしっかりと栄養バランスのとれた食事を摂取し、十分な休養を摂るようにしましょう。

人混みは極力さけてマスクを着用

インフルエンザが流行すると、感染者のいる場所ではウイルスが蔓延している恐れがあります。

なるべく人混みはさけて、予防のためにマスクを着用しましょう。

適度な湿度を保つ

室内においても、空気の乾燥は喉の粘膜の防御機能を低下させます。

加湿器などを使って、乾燥を防ぐ事が望ましいとされます。

インフルエンザワクチン

インフルエンザを予防する手段として最も確実な方法が、ワクチンの予防接種を受けることです。

ワクチンを受ければ感染する確率が下がり、もし感染しても重い症状を防ぐことができます。

とは言え、ワクチンを受けたからといって完全に感染を防げるわけではありません。

ワクチンは接種してから5ヶ月ぐらいが有効であるとされています。

インフルエンザウイルスは流行するウイルスが毎年変わりますので、その都度ワクチンを接種する必要があります。

なお、ワクチンに関してはたびたび危険性も指摘されております。

1994年までは小中学校でインフルエンザ予防接種が義務付けられておりましたが、ワクチンの副作用による重篤な疾患が報告されたため現在では任意となっております。

リレンザを使った予防

リレンザはインフルエンザ予防にも効果があります。

リレンザを使った予防には10日間リレンザを服用しなければなりませんが、1箱でインフルエンザ予防ができます。

リレンザはA型、B型のインフルエンザウイルス感染を予防できるので、季節性インフルエンザ対策に有効です。

同じインフルエンザ治療薬のタミフルに比べて、吸引式ですので即効性があります。

また、インフルエンザ脳症や異常行動といった副作用も抑えられます。

ワクチンに変わる予防手段として、リレンザを常備するという方法が注目を集めております。

  • 1箱
    5,980円
    特別価格

こちらの商品は、ネット総合病院で購入できます。

個数を選んでカートに入れた後、決済となります。

セットですと割引となり、さらにお買い得です。

Copyright(C) 2017 リレンザ All rights reserved.